HOME > 施工例:修理・取り付け > バネットバン ブレーキディスクローター交換

施工例

バネットバン ブレーキディスクローター交換

バネットバン ブレーキディスクローター交換のご紹介です。
車検でしっかり整備をしていればブレーキが効かないなど故障はまずあり得ないと
思われますが、使用年月の経過や走行距離に応じてブレーキは消耗部品です。
ブレーキジャダーや異音をはじめ、ディスクローター摩耗で交換や研磨をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

キャリパーが外れたらダストブーツを少しめくり、キャリパー自体とピストンの錆び具合や
オイル漏れなどを点検します。
点検の結果はキャリパーやピストンの錆びもなく、オイルも漏れていなく良好でした。

4WDの車両ですのでタイヤとオートマチックロッキングフハブ及びブレーキキャリパーの
ブラケットを外します

ブレーキディスクローターはフロントハブの裏側からボルト6本で固定されていますので
フロントハブアッセンブリで外します。

フロントハブアッセンブリが車両から外れたら裏返しにしてボルト6本を外します。

新旧の部品でブレーキディスクローターの摩耗具合を測定しているところですが、明らかに
全体的に摩耗しているのが分かっていただけるかと思います。
ですからディスクローターは使用範囲を超えて摩耗していますので研磨は不可となります。

フロントハブを取り外しましたが、ベアリンググリース交換しなくてもよいと思われますが
車検などで後日ハブベアリンググリース交換になると
また同じような作業が発生しますので、今回ディスクブレーキローター交換でハブを外し
ましたから同時作業として
ハブベアリングとグリース交換でハブ内部をきれいに洗浄したところです。

ハブベアリング&グリースとオイルシール交換が完了しました。

ディスクローター組み付け完了です。

ナックルスピンドルもきれいに洗浄したところです。
全ての部品を組み付けてしまえば誰にもわからない個所で有りますから、適当に手抜きが
可能な部分ですが、私は決して手抜きは行いません。
邪魔くさいなどで手抜きをするようになってきたら、この仕事は引退します。

ブレーキパットは残量が少ないのと同時に段付き摩耗していましたから同時交換させて
いただきました。

左側ブレーキ組み付け完成です。

続いて右側のブレーキディスクローター&パッド交換の作業開始です。

フロントハブアッセンブリが車両から外れたら裏返しにしてボルト6本を外します。

スケールはほんの少しずれていますが
右側のディスクローターは左側よりさらに摩耗をしている状態でした。

ディスクローター組み付けとハブベアリンググリース交換、完了です。

右側ブレーキ組み付け完成ですのでタイヤを付けて、ロードテストを行いながらブレーキの
アタリ付けを行い
トータルの走行距離が30万Km近く走行している ニッサン バネットバン SS28MNで
さらに乗り続ける予定のブレーキ修理は完成です。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車