HOME > 施工例:修理・取り付け > エンジン警告灯点灯 修理

施工例

エンジン警告灯点灯 修理

スズキ ワゴンR エンジンオイルメンテナンス不良でエンジン修理のご紹介です。
お客様からエンジンチェックランプ(警告灯)が点灯するので一度見てほしいと
連絡があり、診断機(スキャンテスター)を使って故障診断をすると
テスターにVVT遅角異常と表示され、さっそくシリンダヘッドカバーを外すと
多量のスラッジがカバー内部に堆積しており、エンジン修理や載せ替えをするなら
石川県金沢市の安心・安全車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エンジンオイル及びフィルターを3万Kmも無交換で走り続けると、どうしても
エンジン内部のボルトが見えないくらいに多量のスラッジが堆積してしまいます。
VVT(↑の部品)を作動させるのに、必要なオイルの通路がスラッジでつまり、VVTが
戻り不良となり、エンジンチェックランプが点灯する原因でした。
現象としては、始動不良、アイドリング不安定またはエンスト、低速から中速までの
加速不良などがあげられます。


VVTとは ? 簡単に言えば(可変バルブタイミング)の事です。
エンジンがより大きいパワーを必要とする時に、多くの空気を吸い込む為に必要な
バルブのメカニズムで、日本車には平成10年頃から、ヨーロッパ車ではもっと早くから
一般のエンジンにも使われていました。

VVTを新品に交換とエンジン上部のスラッジを除去しても、他に堆積しているスラッジで
オイルの通路が再度つまる可能性が多く、スラッジを完全に除去にはエンジン全てを
分解洗浄する以外に方法は無く修理代が高額になるので、お客様と協議の結果エンジンを
中古品に交換することになり、中古品のエンジンをオーダーさせていただきました。
エンジンの到着に少々時間がかかりますので、先にエンジンを取り外したところです。

念には念を入れて、走行距離が少なくオイルメンテナンスの良いエンジンを探しました。
エンジンが到着後、すぐにオイルレベルゲージとオイル注入口のキャップを外して
内部のスラッジを点検をすると、スラッジの堆積はほとんど無く良品なエンジンでした。

点検のために取り外したシリンダヘッドカバーをエンジンに組み付け
エンジン付属品一式(補器類&センサー類)を全てを取り外してとりあえず工場の隅に
移動させました。

リサイクルエンジンに補機類&センサー類の部品を組み付けて、ボディ(エンジンルーム)の
真ん中にセットしてエンジンクレーンでエンジンを載せていきます。

外した部品をすべて組み付けてからテスト走行後に再度リフトアップを行い
エンジン回りから水漏れやオイル漏れ等がないことの確認と、AT(オートマ)からの
オイル漏れもないことを確認して
最後に故障診断機(スキャンテスター)にエラーコードの入力が無い事の確認を行い
スズキ ワゴンR(MH21S)のエンジン載せ替え修理は完成いたしました。

テスト走行の結果は調子はすこぶる良くなり満足の行く状態に仕上がりました。
あとは早くお客様に納車するだけです。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車