HOME > 施工例:車検・メンテナンス > フィット(GE8) 車検

施工例

フィット(GE8) 車検

ホンダ フィット(GE8)車検のご紹介です。
車検を通すだけの安い車検も悪くはないですが、乗っていても心配なものです。
せっかく車検を受けるのだから、長く乗っていただく為にも隅々まで確実な点検と
点検結果に伴ってオイル(油脂類)などの消耗部品の交換や修理をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

走行距離も10万kmに近付いてきましたので、エアエレメントが目詰まりしているかと思い
外して点検をすると以外にもきれいで交換の必要はありませんでした。

一本掛けファンベルトも意外ときれいでベルト鳴きやヒビも入っていなく良好でした。
走行距離から考えて一回はベルト交換をしているかの様に思われます。

お客様のご要望でエンジン冷却水(エンジンクーラント)を交換する為にラジエーターの
ドレンボルトを緩めて、エンジンクーラントを抜いているところです。
交換するクーラントは5年10万km対応の50%に希釈済みのスーパークーラントを使用
します。

エンジンオイル交換でドレンボルトからオイルを抜いているところです。

オイルフィルターも同時に交換を依頼されましたので、交換の為にフィルターを外したところ
です。

お客様から車検と同時に、ATフルード(オートマオイル)も交換を依頼されましたので、AT
フルードを抜いております。

10万km近く走行しておりますので、ドレンボルトの磁石には多くの鉄粉が付着しております。
トルコンチェンジャーを使って上抜きをしてもいいですが、どうしてもドレンボルトの磁石に
付着している鉄粉を取り除く事が出来ませんから、当店では必ずドレンボルトを外して下側
からフルード(オイル)を抜いております。

フロントブレーキはブレーキパッドも多く残っており、ブレーキキャリパーの錆や漏れも無く
良好でありました。

リアドラムブレーキでは、ブレーキライニングも多く残っており、ホイールシリンダーの錆や
油漏れはなく良好でしたが、ブレーキシューとバックプレートの接触面がグリース切れをして
いましたので、グリースを塗っているところです。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)を交換せずに長時間使い続けると、空気中の湿気等を
吸収したブレーキフルードは、ブレーキキャリパーやホイールシリンダーに錆を発生させる
原因となり、ABS(アンチロックブレーキ)アクチュエーターの構成部品等の保護の為に
ブレーキフルードを交換しております。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)を規定量まで補充して、ホンダ フィット(GE8)の車検は
完成しました。
以上になりますが、お車を大事に使われ、メンテナンスをしっかりとおこなっている方の
車検整備をご紹介させていただきました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車