HOME > 施工例:車検・メンテナンス > 日産キューブの車検

施工例

日産キューブの車検

日産キューブの車検(BGZ11)のご紹介です。
車検では、お客様が購入されてから数年たったお車の状態とチェックを行い
しっかりと隅々まで点検を行いながら状況に合わせて、オイルや消耗部品などの
交換で先々故障知らずの予防整備と整備保証付き日産キューブの車検をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エンジンオイル交換でドレンボルトを外して、オイルを下から抜いております。
エンジンを快適に維持する為には定期的なオイルやフィルター交換が必要不可欠です。

オイルフィルター交換フィルターを外したところです。
エンジンを快適に維持する為には、5000km走行毎のオイル交換と10000km走行毎の
フィルター交換を当店ではお勧めしております。

ベルト関係の点検ではベルト鳴きなど異音やヒビは入っていなく良好でしたが、若干伸びて
張り具合が弱くなっていました。

ウォーターポンプ駆動ベルトですが、ベルトがさらに伸びると滑りが原因で異音が出たり
エンジンのオーバーヒートとなる可能性が有りますから、張り具合を調整しております。

エアコンコンプレッサー&オルタネーター駆動ベルトの張り具合も調整中です。

フロントブレーキの点検では、キャリパーからの油漏れや錆び付きはなく良好でしたが
ブレーキパッドは少々少なめですが、お客様の年間の走行距離から判断して一年後の法定
点検までは間違いなく大丈夫です。
闇雲に部品交換をするのではなく、お客様の使用環境や年間の走行距離などを考慮して
部品交換の判断をしております。

リアブレーキの点検では、ホィールシリンダーの油漏れや錆び付きも無くブレーキシューも
多く残っており、良好でありました。

ブレーキシューとバックプレートのアタリ面(摺動面)に錆が出ていましたから、グリースを
塗っているところです。

ブレーキ構成部品の保護と安全にブレーキが効く為のブレーキフルード交換させて頂いて
おります。

セルフ式のガソリンスタンドで燃料補給が多くなり、ボンネットを開く回数がめっきり
減ったこのごろ、ブレーキフルード交換でブレーキラインやリザーバータンク内までが
きれいになり、目には見えない安心・安全整備の1つかと思われます。

スペアタイヤ(応急タイヤ)の空気圧不足ではパンクした時には使えません!!
スペアタイヤの空気圧を調整して、日産キューブ(5回目)の車検のご紹介でした。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車