HOME > 施工例:修理・取り付け > タイヤパンクと対処法

施工例

タイヤパンクと対処法

自動車のタイヤがパンクした時にご自分で出来る対処法のご紹介です。
良くなった道路事情とタイヤの性能アップで、めっきりタイヤパンクが減りました。
パンクかなと思ったら無理に走行せず、道路以外の安全な場所に車を止めて
車載のコンプレッサーでタイヤに空気を補充、パンク修理やタイヤ交換するなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

今回の車両とは違うタイヤの画像ですが、タイヤがパンクした状態で走り続けた場合は
内側のゴムが切れて修理が出来ない場合や
無理にパンク修理をすると破裂する危険性がありますから、タイヤ交換が必要になります。

スペアタイヤが装着されていない車両には、パンク応急修理キットが装備されています。
ラゲッジルームを開けて、車両に備え付けのエアコンプレッサーを取り出します。
エアコンプレッサーの備え付け場所が分からない場合、お車の取り扱い説明書を読むか
メーカーにお問い合わせください。(ランフラットタイヤ装着車など一部車種を除く)

コンプレッサー本体に収納されている電源コードとホースを取り出します。

初めての方は電源スイッチがオフ(OFF)になっている事の確認と、説明書を読みます。

説明書にはエンジンキーの位置はアクセサリー(ACC)ですが、コンプレッサーは電力を多く
消費しますので、バッテリーが弱っていた場合はエンジンがかからなくなる恐れがあります。
AT車はシフトレバーをPレンジ(パーキング)に入れ、サイドブレーキを強く引いて(踏んで)
エンジンをかけながらコンプレッサーを使う方法もありかと思われます。

コンプレッサーの電源コードのプラグをシガーソケット(パワーソケット)にしっかりと奥まで
差し込みます。

コンプレッサーのホースをタイヤバルブにねじ込む時の説明書を読みます。

実際のコンプレッサーホースとタイヤバルブです。

コンプレッサーホースのネジをタイヤバルブにねじ込み、抜けないようにネジをしっかりと
締めこみます。

コンプレッサーホースがタイヤバルブに装着されると、メーターに現在のタイヤ空気圧が
表示されます。

運席ドアや内側(センターピラー)などに貼られているメーカー指定の圧力まで空気を
いれます。
(パンクしているから少々多くても大丈夫ですが入れすぎは禁物です)
10分くらいコンプレッサーのスイッチをオフにしてゲージの圧力が下がらない場合は
コンプレッサーを外して、パンク修理が出来るお店に直行です。

空気の漏れが少ないようですからいつも行き付けのお店や、近くに知り合いのお店が無い
場合はスマホなどでお店を探して、パンク修理に直行です。
夜などでお店が閉店している場合は一度自宅に帰って、次の日にタイヤの空気が減って
いればさらに空気を補充して、パンク修理に行く事も可能かと思われます。

タイヤに空気を入れても漏れがひどくてすぐに圧力が下がる場合は、車両に備え付けの
パンク修理剤を応急的に入れて試して下さい。
パンク修理剤を入れてもだめな場合をはじめ、車輪止めや縁石でタイヤが裂けた場合の
自走は危険で無理ですから、走行せずに応援を呼びましょう。
無料のロードサービスでお車を移動させる場合は、JAFに加入の方はJAFに連絡
自動車の任意保険でロードサービスを付帯されている方は、保険会社へ連絡
(クレジットカードやその他にロードサービスがついている場合もありますから要確認です)
残念ながらどこにも加入されていない方は、実費で車の搬送となります。
いざという時の安心・安全はご自身の生活スタイルに合わせて、ロードサービスの加入を
お勧めいたします。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車