HOME > 施工例:修理・取り付け > カーエアコンが冷えない

施工例

カーエアコンが冷えない

日産 モコ エアコンが全く冷えなくなりマグネットクラッチ交換のご紹介です。
猛暑でオートエアコンの故障で冷風が出てこなくなり、室内が熱くてたまらないと
お客様から修理依頼を受け、お車を預かりエアコンを点検するとコンプレッサーの
マグネットクラッチが全く回っていなく、オートエアコンの修理をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

オートエアコンパネルのディスプレイでダイアグエラーコード(故障コード)を確認すると
エラーコードは入力されていませんでした。

エアコンコンプレッサーを目視で確認すると、コンプレッサー駆動ベルトは回っていますが
先端のマグネットクラッチプレートはご覧の通り回っていませんでした。
ですから、エアコンは全く冷えないはずです。

マグネットクラッチとプーリー間のクリアランス(隙間)を点検すると隙間が少々多いようにも
見えますが、コンプレッサーが回らない程のクリアランスではない状態でした。
電気回路の点検に進みます。

リレーボックス内のエアコンリレーを確認すると、新車装着時のエアコンリレーは青色です。
時すでに白色のエアコンリレーに交換されていました。
リレーを外して単体チェックで作動確認した結果、良好だったので次に進みます。

コンプレッサー駆動電圧を点検する為にフロントバンパーを外します。
フロントパンパーには外気温センサーが取り付けられていますので、バンパーを外す時は
そうでもないですが、取り付け時にはセンサーの結線を忘れないように要注意です。

コンプレッサーを駆動する電圧をサーキットテスターで測定すると、マグネットクラッチの
端子にはご覧のようにしっかりとバッテリー電圧がかかっておりました。
画像にはないですが、電流テスターでマグネットクラッチに流れる電流も測定すると電気が
全く流れていませんでしたからマグネットクラッチコイルの断線が考えられます。
マグネットクラッチセットの交換が必要になります。

今回交換するマグネットクラッチキットの新品部品です。
マグネットクラッチキットですが、コンプレッサーのメーカーによって部品が異なります。

マグネットクラッチキットに含まれる構成部品です。

マグネットクラッチ交換ではコンプレッサーホースは外さず、ベルト及び取り付けボルトを
外してコンプレッサーを手前の方に少し引き出します。

コンプレッサーのマグネットクラッチ交換をする場合、一般的な整備工場やエアコン修理
専門店ではコンプレッサーを車体から外して作業を行っている工場が多いです。
当店では、オーリングやガスの回収費用をはじめ
エアコンサイクルの真空引き費用やガスの補充費用などの部品代金がかかりますから
少しでも修理費用を抑えるために、コンプレッサーを外さずに車上で交換を行っております。

新品のマグネットクラッチに交換完了です。

エンジンをかけてエアコンコンプレッサーが軽やかに回ることを確認しております。

オートエアコンの作動と吹き出し口温度を点検して
MG22S 日産 モコ(スズキ MRワゴン OEM車)のオートエアコン修理でコンプレッサーの
マグネットクラッチ交換は完成しました。

オートエアコン使い方ですが
夏は冷房として冬は除湿暖房で一年間(オールシーズン)を通して使い、快適な室内空間で
安全運転が出来れば幸いかと思っております。
エアコンやヒーターの故障でお困りの方がおられましたら、いつでもお問い合わせください。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車