HOME > 施工例:車検・メンテナンス > アクア ハイブリッド 車検

施工例

アクア ハイブリッド 車検

トヨタ アクアハイブリッド(NHP10)車検整備のご紹介です。
車検整備では、お客様のお車の状態を隅々までチェックをおこない、購入時から
数年たったお車の状態を把握するための点検をしっかりとおこないながら、状況に
合わせていつまでも乗っていて安心・安全!整備付き車検をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エンジンオイルの点検では
最近エンジンオイルは交換したので交換の必要はありませんでした。

オイルフィルターもエンジンオイルと同時に交換していますので良好です。

エアエレメントの点検では、すこぶるきれいですから清掃の必要もないくらいでした。

アクアハイブリッドは10万kmメンテナンスフリー両側白金プラグを使用していますので
車検時には点検の省略が可能です。
簡単に点検出が来ますから、当店では省略せずに点検を行っています。

両側白金タイプのスパークプラグ(点火プラグとも言います)はすこぶる良好です。
また、エンジンの調子が良いか悪いかは見た目での判断は困難です。
スパークプラグの焼け具合(燃焼状態)を点検する事で、エンジンの状態を把握する事が
可能となってきます。

NHP10系のアクアにはクランクプーリーがついていますが、プーリーに溝が無くファンベルト
らしきものがついておりません。

駆動ベルトがついていません。
ですから、エアコンコンプレッサーはコンピューター制御によってHVモーター(ハイブリッド
電動モーター)で回しています。

HVインバーターシステムです。
インバーターの役割は、バッテリーからの直流電気を交流電気に変換して、車を動かす為に
必要な走行用HVモーターに電気を送る装置です。
オレンジ色の線には高電圧が流れています。(電圧はメーカーにお問い合わせください)
触ると感電するおそれが有りますので専門職の方以外は触れないように要注意です。

フロントブレーキの点検ではブレーキパッドも多く残っており、キャリパーの錆び付きや
オイル漏れも無くご覧のように良好であります。

リアブレーキの点検ではブレーキシュー(ブレーキライニングとも言います)は多く残って
おり、ホイールシリンダーの油漏れや錆び付きも無く良好でした。

ご覧のようにブレーキフルードはきれいでしたから交換の必要はありませんでした。

フロント足回りの点検ではサスペンションやハンドル廻りも良好でありました。

トヨタ車のHV車はコンピューター制御によってかってにエンジンが止まります。
故障診断機(スキャンテスター)で整備モードに移行して、排気ガス中に含まれるCOや
HC等の点検を行います。
測定結果は、有害な排気ガスは出ていなく良好でありました。
交換部品の必要が全く無く、アクアHV(NHP10)車検整備は完了しました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車