HOME > 施工例:修理・取り付け > ドライブシャフト異音 修理

施工例

ドライブシャフト異音 修理

今回はドライブシャフトから異音修理のご紹介です。
ハンドルを左右のどちらかに切りアクセルを踏んで加速時、ドライブシャフトの
ブーツが破れていないのに「カタカタ音」が出て修理する際、ドライブシャフトを
今まではリビルト品等に交換していましたが、交換せずに異音を修理するなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

ブーツをシャフト内側にスライドさせて、アウタージョイント内部をきれいに洗浄します。
ドライブシャフトブーツが破れていなく
グリースが充分とアウタージョイント内部まで浸透していてもスムーズな潤滑が出来ずに
音が出ている場合、専用の特殊グリース交換でドライブシャフト異音は止まります。

古いグリースが残っていては異音が止まりませんから、ブーツの内部もパーツクリーナーで
古いグリースが残っていないようにきれいに洗浄します。

アウタージョイントをゆっくりと回して、ジョイント内部に古いグリースが残っていないか
ジョイントやベアリングに傷が無いかを丹念に点検します。
傷が有ればシャフト交換が必要になってきます。

画像はピンボケしていますが、ジョイント専用グリースの塗り込み開始です。
ジョイント内側(インナーレース)から指先で丹念にグリースを塗り込み、ジョイントの
外側(アウターレース)からはみ出てくるまでシャフトを回しながらしっかり塗り込みます。

残ったグリースは、画像のようにアウタージョイントに塗っておきます。

アウタージョイントにブーツを元通りに組みこんで左側の完了です。

右側も左側と同様にブーツをスライドさせてアウタージョイントとブーツ内部がきれいに
なるまで洗浄します。
パーツクリーナーとエアーガンを使い、コンプレッサーからの圧縮空気(高圧エアー)を
エアーパージしながら古いグリースを取り除いていきます。

ご覧のようにグリースはたっぷりと塗り込んでおきます。

右側もアウタージョイントにブーツを元通りに組みこんで左側の完了です。

念入りにロードテストを繰り返して、ドライブシャフトから異音が出ていない事の確認と車を
リフトアップして、ブーツからグリースがはみ出していない事の点検を行い、専用のグリース
交換でドライブシャフト異音修理は完成しました。

ドライブシャフトのアウタージョイントに樹脂製のブーツを使う事によって、耐久性が大幅に
アップしました。
しかし、ブーツが破れてグリースが飛散していないのにもかかわらず異音が出た場合
ドライブシャフトをリビルト品等に交換していましたが
専用のグリース交換で修理してから
5年以上と全く故障やトラブルが無く異音のでる車種も少なくなってきましたから当店の
HPにアップさせて頂きましたので、参考にしていただければ幸いです。

同様の修理をする時はしっかりと点検を行い、自己責任で修理をお願い致します。
また、当店のHPをご覧いただいて、同様な作業を行われた場合で何らかのトラブルが
あってもも一切の責任が負えないと同時に
同業者からのお問い合わせがあってもお答えできませんので、ご了承ください。
平成29年5月22日の施行例から


オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車