HOME > 施工例:修理・取り付け > M・ベンツ ブレーキパッド交換

施工例

M・ベンツ ブレーキパッド交換

M・ベンツ W205 ブレーキパッド摩耗点灯修理のご紹介です。
いざという時にブレーキが効かなくては重大な事故につながる恐れがありますので
メーターディスプレィにブレーキパッド摩耗警告灯が点灯で、ブレーキパッドや
ブレーキローターの交換をはじめブレーキ系統の点検及び故障修理をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

テスターにて故障診断をすると、リアブレーキバッドセンサーの断線による警告灯の点灯が
考えられますのでリアブレーキの点検から始めます。

パッドセンサーが装着されているのは右リアブレーキですので右リアブレーキから作業を
開始いたします。

右リアブレーキ状態ですが、やはりブレーキパッドの摩耗でパッドセンサーが断線して
おりますのでブレーキパッド交換が必要です。
M・ベンツ Cクラス W205のリアブレーキは電動パーキングブレーキになっていて
ブレーキローターの段付き摩耗が少なからずしておりますので、キャリパーのピストンを
戻さないとキャリパーが外れません。
とり忘れて画像はないですがテスターを使用して、ピストンが戻せるように電動パーキング
ブレーキモーターを解除してフィティングポジションに移行する必要があります。

電動パーキングブレーキモーターを解除してピストンが戻せるとあとは簡単にキャリパーが
外れます。

今回はブレーキパッドの摩耗と同時にブレーキローターも段付き摩耗していましたので
お客様とご相談の結果、パッド&ローターの同時交換です。

電動パーキングブレーキモーターを解除してフィティングポジションに移行すると、通常の
ブレーキと同様にピストンを簡単に奥まで戻す事が出来ます。
この後、ブレーキパッドの摩耗でキャリパーに大量のブレーキダストが付着していますので
パーツクリーナーとエアブローできれいに清掃します。

ブレーキキャリパーブラケットにも大量のブレーキダストが付着しておりますので清掃を
しているところです。

右側ブレーキパッド&ローター交換で組み付けが完了しましたが、パーキングブレーキは
フィティングポジションの状態ですからまだブレーキが効かない状態です。

次は左側リアブレーキパッド&ローター交換を開始します。

作業途中の画像は省略させていただきましたが、右側ブレーキパッド&ローター交換も
組み付けが完了です。

ブレーキパッド&ローターを組み付け後、テスターの指示にしたがい右下の「F2」を
タッチして、ブレーキパッドの取り付け位置(フィティングポジション)を解除して通常の
ブレーキシステムに戻してOKです。

ほかの車両と同時進行で作業をしていましたので、納車の時間が迫ってきました。
ブレーキフルード残量の確認を行い
画像にはないですが、ロードテストにてブレーキパッドとブレーキローターのアタリ付けと
再度テスターを接続してブレーキ系統にダイアグエラーコードの入力がないことを確認して
M・ベンツ Cクラス AMG W205のブレーキパッド&ブレーキローター交換は完成です。

以上になりますが
今回はお客様のご要望でD社の超ダスト低減ブレーキパッド(Mタイプ)とスリット入りの
ブレーキローター(SDタイプ)交換のご紹介でした。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車