HOME > 施工例:修理・取り付け > ワゴンR マグネットクラッチ交換

施工例

ワゴンR マグネットクラッチ交換

スズキ ワゴンR エアコンコンプレッサーマグネットクラッチ交換のご紹介です。
エアコンの吹き出し温度がぬるい、時々冷えない、吹き出し口から風量はあるが
エアコンが急に全く効かないなどでお困りの方がおられましたら、ガスの充填を
はじめマグネットクラッチの修理や交換、車のエアコン関連の修理をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エアコンスィッチをオンにして診断を開始すると、コンデンサーを冷やす為の電動ファンは
回っていましたがマグネットクラッチがオンする時の「カチッ」と音がしませんでしたので
エアコンリレーの点検からはじめましたが、リレーや電源回路は正常でした。

コンプレッサー点検の為にまずはフロントバンパーの外しから作業をはじめます。

コンプレッサープーリーは回っていますが先端のクラッチプレートが回っていません。
目視でマグネットクラッチのクリアランス(隙間)を点検すると
画像のように少しは摩耗していましたが、クラッチプレートが吸引されない程のクリアランス
(隙間)ではないので次へと点検に進みます。

マグネットクラッチの点検では流れる電圧は大丈夫でしたが電流が少なく、熱だれによる
マグネットクラッチ内の電磁コイル自体の磁力低下が考えられます。
マグネットクラッチのクリアランス(隙間)調整をしてもクラッチプレートが吸引されるか
されないかが難しいところです。

お客様と相談の結果、今回はマグネットクラッチを交換する事にしました。

※是非 読んでいただきたい注意事項の説明です※
本来ならコンプレッサーアッセンブリ(まるごと)リビルト部品に交換するところですが
マグネットクラッチの交換は年式や走行距離をはじめ、お客様の運転状況によっては長年
使用しているコンプレッサーですから
マグネットクラッチ交換後にコンプレッサーの圧縮不良や異音の発生、ガス漏れと言った
リスクを背負うこともありますので、ご了承のほどよろしくお願い致します。

コンプレッサーを手前に移動させてマグネットクラッチを外したところです。

今回交換する新品部品のマグネットクラッチ一式になります。

マグネットクラッチ交換が完了しました。

エンジン本体にコンプレッサーを取り付けてエアコンガスを補充していくと、ガスが規定の
圧力に達するとカチッと言う音と共に勢いよくマグネットクラッチのプレートが吸引され
コンプレッサーが回り始めました。

新品のマグネットクラッチ交換後に電流を測定すると、交換前よりも多くの電流が流れる
ようになっておりました。

真夏の炎天下の中、マグネットクラッチの故障で生命の危険と言われる40℃オーバーの
室内が、マグネットクラッチと言う部品交換で
エアコンの吹き出し口の温度10.7℃と室内がすこぶる冷えるようになりました。
以上になりますが
スズキ ワゴンR(MH23S)エアコンマグネットクラッチ交換のご紹介でした。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車