HOME > 施工例:修理・取り付け > 31系エクストレイル エアコン 修理

施工例

31系エクストレイル エアコン 修理

31系エクストレイル エアコンが全く効かないで修理のご紹介です。
吹き出し口から風量はあるがエアコン全く効かない(冷えない)吹き出し温度が
ぬるい、時々冷えない、などでお困りの方がおられましたら、エアコンガスの
補充をはじめ、エアコンコンプレッサーの交換やエアコン関連の修理をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エアコンコンプレッサーが回っていませんでしたので、故障診断機(スキャンテスター)で
オートエアコンのエラーコードを確認すると
エアコンヒューズやエアコンリレーが内蔵されている「IPDM E/R」がOKと表示して
いますので次の診断に進みます。

エアコンコンプレッサーは回っていませんでしたが、エアコンコンデンサーを冷やす為の
電動ファンが回っていますので、「IPDM」からコンプレッサーを回す信号も出ているかと
思われますので次の点検に進みます。

エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチを点検する為に右前のフェンダーライナーを
外しているところです。

エアコンコンデンサーを冷やす為の電動ファンが回っていましたが、ベルトで駆動された
コンプレッサーのプーリーは回っていますがマグネットクラッチ先端のプレートは回って
いませんでした。

マグネットクラッチが回っていませんでしたので、カプラを外してサーキットテスターで車両の
ハーネスから電圧の測定をしているところです。

テスターの電圧は約14Vかかっており、画像にはないですが電流を測定すると全く流れて
いませんでしたので、マグネットクラッチ自体の故障が考えられます。

念の為にサーキットテスターでマグネットクラッチの抵抗値を測定すると抵抗値が無限大を
示していますから、コンプレッサーが回らない原因としてはマグネットクラッチコイルの断線が
原因と考えられます。

お客様と相談の結果はマグネットクラッチの交換でも可能ですが、まだ長く車に乗られるとのことでリビルトコンプレッサーと交換する為にコンプレッサーを外したところです。

外したコンプレッサーと交換するリビルトコンプレッサーです。

エアコンコンプレッサー交換後にサイクルの真空引きを行い、エアコンガスを充填すると
マグネットクラッチが吸引される「カチッ」と言う音とともに勢いよく回りはじめました。

真夏の炎天下の中、生命の危険と言われる40℃オーバーの室内が、コンプレッサー交換で
エアコンの風量が全開の状態でも吹き出し温度が9.4℃と冷えるようになり、快適に真夏を
乗り超える事が出来るかと思われます。
以上になりますが
日産 エクストレイル(NT31)エアコンが全く冷えなくなり、リビルトコンプレッサーアッセンブリ
交換のご紹介でした。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車