HOME > 施工例:修理・取り付け > ソニカ ショックアブソーバー 交換

施工例

ソニカ ショックアブソーバー 交換

ダイハツ ソニカ ショックアブソーバー交換のご紹介です。
ショックからオイル漏れ(油漏れ)やガタがあると、車検には合格しませんが
オイル漏れなどが無くても経年劣化による寿命で減衰力が抜けると、車体が全体で
フワフワとして乗り心地が悪くて、ショックと同時にダストブーツを交換するなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

お客様からご指名いただいたショックアブソーバーのセットです。

左フロントサスペンション(ストラットアッセンブリ)から外して作業開始です。

タイヤはね水やほこりをはじめ土などから保護する為のダストブーツが切れていますので
お客様に確認の連絡をとったところ、同時交換して下さいとのことで
ショックアブソーバーとダストブーツの新旧部品です。

ショックアブソーバーにダストブーツとコイルスプリング(純正)組み付けが完成です。

組みあがったショックアブソーバーを車体に取り付けております。

続いて右側のショックアブソーバー交換作業に進みます。

外したショックアブソーバーとダストブーツも交換して組みあがったショックアブソーバー
です。

組みあがったショックアブソーバーを車体の右に取り付けております。

フロントショックアブソーバー交換が終わりましたので
引き続いて、リアサスペンション左右のショックアブソーバー交換作業を開始いたします。
経年劣化でショックアブソーバーを交換するなら
前後のバランスを考慮して、ショックアブソーバーは前後同時に交換をお勧めいたします。

リアショックアブソーバー左右も交換が完了しました。

サスペンションなどを一回外すとアライメントがずれますので
サイドスリップを調整して、ダイハツ ソニカ L405S 乗り心地を重視したノーマル形状の
ショックアブソーバー&ダストブーツ交換は完成しました。

また、軽自動車はもとより普通車のショックアブソーバー交換も行っていますので
アライメント調整までしっかりと確実で安心な作業を行っておりますので
よろしければ、電話やメールで何なりとお問い合わせいただければ幸いです。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車