HOME > 施工例:修理・取り付け > 車のエンジンオーバーヒート

施工例

車のエンジンオーバーヒート

ダイハツ タント 冷却水漏れでエンジンオーバーヒート修理のご紹介です。
走行中にある日突然にメーターに真っ赤な温泉マークのような水温警告ランプが
点滅した場合、エンジンオーバーヒートなので早急に水漏れなど修理が必要です。
ダイハツ車をはじめ全ての軽自動車でオーバーヒートなどのエンジン修理するなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

最初ウォーターポンプからの水漏れかと思われましたが、ベルトを外して水漏れの点検を
すると、ウォーターポンプからは漏れていませんでした。

さらに水漏れの点検を進めていくと、インレットマニホールドの取り付け部分から水漏れが
しておりました。
インレットマニホールドの取り付け部分からの水漏れは初めての経験でした。

インレットマニホールドを外さないと修理が出来ませんので、まずはスロットルボディから
外して、作業を開始します。

スロットルボディが外れましたので、次にインレットマニホールドを外します。

インレットマニホールドが外れましたが、上側2個のナットを緩める工具が無く苦戦して
やすやすと簡単には外れませんでした。

なんとかインレットマニホールドが外れました。
外れたインレットマニホールドをよく見るとオーリング形状のパッキン(白まる部分)が
付いていなく、床に落ちたのではないかと探しましたが見つかりませんでした。

車両をリフトアップして確認すると
シリンダーヘッドにしっかりとパッキンがへばりついておりました。

原因は分かりませんが、空気が流れる場所のパッキンは大丈夫でしたが、冷却水が通る
パッキンを外すと時すでに切れておりました。
パッキンが切れていてはエンジン冷却水が漏れるはずです。

インレットマニホールドの素材は強化プラスチックですので、ゆがみ(歪み)を点検すると
大丈夫でしたので
パッキン取り付ける溝の部分をきれいに掃除して、新品のパッキンを組み付けます。

エンジンがオーバーヒートしておりますので、サーモスタットが作動不良を起こす可能性が
充分にありますから、水漏れ修理後に
サーモスタットの作動不良で再度オーバーヒートする可能性があります事から安心の為にも
サーモスタット交換で外したところです。

サーモスタット新旧の部品です。

エアクリーナーケースを除き外した部品を組み付け、LLC(ロングライフクーラント)交換後に
水漏れが無いことを確認して
エンジンをかけながらウォーターラインのエア抜きを行っております。

ウォーターラインのエア抜きも終わりましたのでエアクリーナーケースとフロントバンパーなど
組み付けて、ダイハツ タント
L350S エンジン冷却水漏れでエンジンオーバーヒート修理は完成しました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車