HOME > 施工例:車検・メンテナンス > 車検 アルト

施工例

車検 アルト

スズキ アルト 車検整備のご紹介です。
車検整備では、お客様のお車の状態を隅々までチェックをおこない、購入時から
数年たったお車の状態を把握するための点検をしっかりとおこないながら
状況に合わせて、乗っていて安心・安全!財布にやさしい整備付き車検をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

車検(24ヶ月)点検基準では白金(イリジウム)プラグは、お車の走行距離に応じて点検を
省略してもよい項目ですが、お客様のお車の状態から把握して、片側白金(イリジウム)
タイプの点火プラグが装着されていると思われましたから、しっかりとスパークプラグを点検
しております。
点検整備記録簿によると、前回の車検でスパークプラグを交換していました。

エンジンオイルはエンジン内部の潤滑作用だけでなく、冷却や防錆などエンジントラブルが
起きないように、エンジンを動か続ける為のいろいろな役割と仕事があります。
そこで、一番重要な役割は潤滑作用ですが
潤滑作用は、エンジン内部の金属同士の摩擦を減らすために強い油膜を作り、金属同士の
すべりを良くすることです。

整備工場からのお願いですが
エンジンオイル未交換で早期にエンジントラブルを起こした修理例もありますので
車検を受ける時には、是非エンジンオイルだけでも交換をしていただきたいですが
やはりエンジンのトラブルを未然に防止するためには、5000km走行毎の定期交換を
お願いしております。

エンジンオイル内の不純物や汚れをろ過するのがオイルフィルターですが
オイルフィルターを交換せずにオイルだけを交換していては、エンジンオイルの
不純物や汚れをろ過するはずのろ紙に不純物や汚れが堆積して、やがては目詰まりを
起こしてエンジンの重要な部分にオイルが行き届かなくなり、エンジンが破損する恐れが
あります。
オイルフィルターの決まった交換時期はないですが、オイル交換2回に1回の割合で
フィルター交換をお願いしており、オイルフィルターの交換で外しているところです。

お客様のエンジンオイルに対するメンテナンスが良かったので、エンジンオイル注入口の
中を見てもスラッジの堆積も無く、きれいな状態のエンジンでありました。

私が中古車の仕入れをする時は画像にもありますように、エンジンオイルを注入するときの
キャップを外してからエンジン内部の汚れ具合と、レベルゲージの状態のチェックを必ず
おこないます。
エンジンオイルのメンテナンス不良で、エンジン内部に多量のスラッジが堆積している
お車を販売した場合には、買っていただいたお客様に多大なご迷惑が掛かりますから、別の
車を探します。

トルコンチェンジャーを使用してオートマ(AT)フルード交換をする時は、デフ部分に残って
いるフルードが抜けませんから、しっかりとデフ側のフルードを抜いてから、オートマ(AT)
フルードを注入します。

フロントブレーキの点検をしているところですが、まったく異常がありませんでした。

リアブレーキを点検しているところですが、フロントブレーキ同様にまったく異常が
ありませんでした。

ブレーキフルードを交換して、2回目で走行距離が約52000km走行しているスズキ アルトの車検整備は完成しました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車