HOME > 施工例:車検・メンテナンス > スズキ Kei 車検

施工例

スズキ Kei 車検

スズキKei (HN22S)車検のご紹介です。
車検整備では、お客様のお車の状態を隅々までチェックをおこない、購入時から
数年たったお車の状態を把握するための点検をしっかりとおこないながら状況に
合わせて、乗っていて安心・安全!お財布にやさしい整備付き車検をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

エンジンオイル&フィルター交換ステッカーの記録では、交換後の距離は500kmですから
レベルゲージでエンジンオイルの状態を確認していますが、大変きれいでした。

ダイレクトイグニッションコイルを外してプラグホールにオイルが漏れだしていないかの
点検をしております。

スズキKei (HN22S)K6Aエンジンには片側白金プラグが装着されています。
点検の結果、マイナス電極は多少摩耗していますが使用可能な範囲ですから、電極などを
清掃して再使用いたします。

ベルト関係はベルトメーカーの文字がはっきりと読める状態ですこぶる良好で、ベルトの
緩みなどはなく再調整の必要もありませんでした。

フロントブレーキの点検ではブレーキパッドは多く残っており、ローターやキャリパーの
錆び付きも無く、キャリパーピストンのダストブーツの亀裂や油漏れもなどもしていません
でしたので、良好でありました。

リアブレーキもフロントブレーキ同様に何の問題もありませんでした。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)を交換せずに長期間使い続けると、空気中の湿気を
吸収したブレーキフルード(ブレーキオイル)で、キャリパーやホイールシリンダーに錆を発生
させる原因となる可能性が有りますので、ブレーキ部品を保護する為にもブレーキフルード
(ブレーキオイル)交換しているところです。

ブレーキフルード(ブレーキオイル)交換でブレーキラインをはじめリザーバータンク内部まで
きれいになりました。

フロントブレーキは良好でしたが、ロアアームボールジョイントのダストブーツにヒビが入り
ダストブーツからグリースがはみ出ていますので車検には通りませんから、お客様に確認の
連絡をとりダストブーツの交換です。

ロアボールジョイントのダストブーツ交換が完了です。
詳細はこちらからご覧ください

フロントサスペンション(ロアアーム)を外しましたので、フロントのアライメントのサイドスリップ
(タイヤの横滑り量)が変化しますので、サイドスリップを調整してスズキKei (HN22S)の
車検は完成しました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車