HOME > 施工例:車検・メンテナンス > マックス 車検

施工例

マックス 車検

ダイハツ マックス 車検のご紹介です。
車検整備では、お客様のお車の状態を隅々までチェックをおこない、購入時から
数年たったお車の状態を把握するための点検をしっかりとおこないながら状況に
合わせて、乗っていて安心・安全!お財布にやさしい整備付き車検をするなら
石川県金沢市の安心・安全 車検専門店「オートサービスワカミヤ」にお任せ下さい。

スパークプラグ点検でダイレクトイグニッションコイルを外すと、漏れだしたオイルが
たっぷりとコイルに付着しており、オイルの付着が原因でコイルがミスファイヤーを起こして
エンジン不調になる可能性が有りますので、エンジントラブルを未然に防止する為にも
エンジンオイルもれの修理です。

エンジンオイル漏れの原因はシリンダーヘッドカバー(タペットカバー)のパッキンから漏れて
いましたので、お客様に確認の連絡をとりパッキンを交換させていただきます。

マックス EF型エンジンには、マイナス電極が2極タイプのスパークプラグが装着されて
いますが、電極の摩耗も無く燃焼状態も良好で交換の必要はありませんでした。

お客様のご要望でエンジンオイル交換の為にオイルを抜いているところです。

エンジンオイル交換と同時にフィルター交換も依頼されましたので、フィルターを外した
ところです。
また、画像からご覧いただけると思いますが、左上のオイルプレッシャースイッチから
オイルがにじんでいましたので、画像にはないですが交換させていただきました。

エンジンオイル交換後に“エンジンオイル注入時のお願い”のステッカーをメーカーから
いただいて、貼り付けさせていただきました。

車検時の点検でサービスキャンペーンなどの実施状態を確認したところ、キャンペーンを
実施されていませんでしたので、メーカーから部品をいただいて交換している途中です。

メーカーのサービスキャンペーンはヒーターホースのジョイント交換で、ジョイントを交換して
いるところです。

フロントブレーキの点検では、ブレーキパッドが多く残っており、ブレーキキャリパーの
錆び付きやダストブーツの亀裂はなく良好でありました。

左側ブレーキキャリパーを外してブレーキを点検すると、ブレーキパッドは良好でしたが
キャリパーのダストブーツが破れていましたので、お客様に事情を説明してキャリパーの
オーバーホールです。

左右のブレーキキャリパーをオーバーホール(OH)させていただきました。
詳細はこちらからご覧ください

リアブレーキの点検ではホイールシリンダーの錆び付きや油漏れはありませんでしたが
フロント側のブレーキシューが随分と摩耗して減っていましたので、安心・安全に乗って
いただく為にも交換です。

リアブレーキシューを4枚セット交換するお店が多いですが、当店では使用可能な部品は
再使用して、フロント側ブレーキシューを左右で2枚交換です。
詳細はこちらからご覧ください

ブレーキキャリパーをオーバーホールしましたので、ブレーキラインのエア抜きと
ブレーキオイル(ブレーキフルード)を交換して、ダイハツ マックスの車検は完成しました。

オートサービスワカミヤ
〒920-0054 石川県金沢市若宮1-95
TEL:076-222-8318
SEO対策 大阪 板金塗装 大阪 板金塗装 車整備 板金塗装 車検 中古車